So-net無料ブログ作成

<時効見直し>「廃止」賛成が5割超す 法務省が意見公募(毎日新聞)

 法務省は20日、殺人など凶悪重大事件の公訴時効見直しについて、意見公募した結果を発表した。寄せられた458件の意見のうち、9割弱の393件が見直しを「必要」と回答。また見直し策として、「廃止」に賛成としたのは261件で過半数に上った。同日開かれた法制審議会(法相の諮問機関)の刑事法部会に示された。

 見直しが必要とした意見の理由は「被害者感情として納得できない」「犯罪抑止の観点から必要」など。一方、必要なしとの意見も25件あった。また、時効が進行中の事件にさかのぼる遡及(そきゅう)適用も賛成が148件に上った。意見公募は昨年12月22日から今月17日に実施した。

【関連ニュース】
牛久強盗致死:水戸地検、男らを不起訴処分…18日で時効
茨城・強盗致死容疑:時効前、逮捕の3人処分保留で釈放
公訴時効:廃止など4案を提示 法務省が法制審部会に
公訴時効:見直しで刑事訴訟法改正案 通常国会に提出へ
忘れない:「死ぬまで殴られた」兄 なぜ時効の差 (京都・29歳社長暴行死事件)(1/2ページ)

郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)
<屋久島元社長不明>栃木の古井戸に遺体 指紋で身元確認(毎日新聞)
ガールズバーで中2バイト「稼いで大麻買った」(読売新聞)
新型インフルワクチンを65歳以上への接種開始(産経新聞)
日米同盟深化、年内に成果…安保50年で首相談話(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。